マンションと一軒家について

家選びのポイント 住宅タイプ

一軒家にはどんな利点がある?

夢のマイホームを手に入れるためには、大きく分けるとマンションと一軒家の2種類が存在しています。実際に今の時代ではこの2つについて悩んでいる人は多く存在していますが、悩まないためには2つの利点は何かについて調べておくことが重要です。その中でもここでは一軒家について説明をするので、これから購入を検討している人は参考にすると良いでしょう。

まず1つ目の利点は庭があるということです。当たり前に思う人もいるかもしれませんが、一軒家は庭のスペースが広いのが魅力的な部分として挙げられます。例えばマンションの場合は庭などが無く、ガーデニングなどをするにしてもバルコニーなどを使用しなくてはなりません。

庭などがあれば広いスペースを活用してガーデニングをすることができたり、子供やペットが遊べる敷地を作ることができるので魅力的です。続いて2つ目はリフォームがしやすいことです。例えば集合住宅の場合は一つの土地に建物を建て、その中に複数の住居スペースが集合している状態であるため、一度取り壊して建て直すということは基本的にできません。

リフォームもできないことはありませんが、限られた場所しかリフォームをすることができないのでガラリと部屋の雰囲気を変更させるというのは難しいと言われています。また増築に関しても集合住宅の場合はできません。

集合住宅は一つの建物でバランスよく建てられているため、増築して片方だけ重量が増したりすると崩れてしまう可能性もあります。その為基本的には増築を行うことはできません。リフォームや増築を自由に行いたい人は一軒家を選択するといいでしょう。

基本的には所有している土地の範囲で問題が無ければ自由にリフォームをすることができますし、土地に余裕があれば増築も可能です。将来的に家族が増えるにあたって部屋も増加させることができるので魅力的です。

その他にも騒音で神経質になることも少ないのが利点です。集合住宅も対策がされているところでは大きな音が響くことはありませんが、それでも防音対策をしていないければ基本的には隣や上下階に音が漏れてしまうこともあります。

近所とのトラブルになる可能性がありますが、一軒家なら隣と離れて一定の距離を保つことができるので、騒音を軽減できる可能性があります。

マンションにはどんな利点がある?

マイホームの購入で近年人気を集めているのがマンションです。従来はあまり数の少なかったタイプですが、今では都心部を中心に色々な場所に建てられています。

増加の理由は、人気があり需要が高いからであると考えることができますが、その需要の高さは利点に起因します。ここではこれから購入について考えている人のためにも利点について説明しますので参考にして下さい。

まず1つ目の利点として挙げられるのが防犯対策です。例えば防犯対策にはカメラ、オートロック機能、警備など様々ですが、マンションによってはこれらの防犯対策がされているところも多く存在しています。

一軒家の場合はセキュリティを取り付けたい場合は実費で行わなければなりませんが、マンションは標準装備となるので費用は発生しません。建物を購入するだけでついてくる設備なので魅力的です。

続いて2つ目は建物の管理を任せられることです。基本的にマンションの場合は管理人が建物全体を管理しているため、点検やメンテナンス、清掃などは住人が行うことはありません。管理人が建物の管理は行ってくれるので、安心して生活することができます。

他にも共用施設を利用できることも挙げられます。共用施設は例えば無料でラウンジやロビーを使用することができたり、広いところで食事などをすることも可能です。

それぞれマンションによって共用施設は異なりますが、住人は無料で使えるというのは魅力的です。このように、いくつか利点は存在しているので、興味がある人は購入について考えてみてはいかがでしょうか。

一軒家とマンションを選ぶときのポイント

一軒家とマンションを選ぶときにはそれぞれ知っておきたい知識がいくつかあります。

まず一軒家について説明をしますが、大きく分けると分譲と自由設計が存在しており、どちらも新築ですが分譲は既に完成している家の購入になります。それに比べて自由設計は土地から選ぶことができ、一から建物も設計していくことができます。理想的な家を建てるなら自由設計の方がオーダーメイドなのでいいと言われていますし、土地と建物をセットで安く購入したいなら分譲がいいと言われています。

後悔しないためにもまずは自由設計と分譲の知識を身につけておくといいでしょう。

続いてマンションについてですが、基本的には駅から近い場所が多いのが魅力の一つです。しかし、全ての物件が必ず好立地ではありませんから、予め駅周辺かどうか把握しましょう。

実際に駅まで徒歩1分のところもあり、もし購入を検討している方は駅までのアクセスは見ておきたいポイントです。