住宅ローンの審査に落ちないための7つのポイント!年収や勤続年数以外に気を付けるべきこと

住宅ローン審査の7つのポイント 住宅ローン比較

住宅ローンの審査の大きなポイントとしてよく挙げられるのが年収および勤続年数です。

どれだけ安定した収入があってどれだけ長く勤めているかという点は、返済能力を示すうえでも非常に重要なポイントです。

住宅ローンの審査で気を付けるべきポイントは年収と勤続年数だけではありません。

ほかにどんなポイントに気を付けるべきなのか詳しくご説明します。

年収と勤続年数以外の住宅ローン審査の大きなポイント

住宅ローン審査の7つのポイント
年収と勤続年数以外の、住宅ローン審査の大きなポイントとしては以下の7つが挙げられます。

  • 各種返済・支払いに関する延滞の有無
  • クレジットカードの枚数
  • ほかのローン・カードなどの申込み状況
  • 返済比率
  • 雇用形態
  • 健康状態
  • 申込み時年齢と完済時年齢

それぞれのポイントについて詳しくご説明しましょう。

ローン返済だけでなくクレジットなどの支払いの延滞にも要注意

住宅ローンは、各種ローンの中でも特に長い期間にわたって、安定した返済が必要となるローンです。

これまでの返済・支払い状況は審査においてもかなり重視されます。

そのため、カードローンやカーローンなどをはじめとした各種ローンの返済状況をチェックした際に、もし延滞などがあったことが確認されれば、それだけで審査に落とされてしまう可能性は非常に高いです。

そして、ローン返済と同じくらい重視されるのが、クレジットカードやスマホ料金などの支払い状況です。

クレジットカードやスマホ料金などの支払いが遅れると、これらも信用情報に延滞があったという趣旨の記録が残されてしまいます。

クレジットカードやスマホ料金などの支払いはローンと違って、利用においてお金を借りたという意識を持つことがほとんどありません。

ローン返済よりも軽視されがちなのですが、支払うべき金額を期日までにきちんと用意できているかという視点から見れば、ローン返済と重要度は変わりません。

クレジットカードを多く持ちすぎているだけで審査が不利になることも

「クレジットカードを数多く持っている」という人も少なくありませんが、所有クレジットカードの枚数の多さが理由で審査上不利になってしまうケースもあります。

クレジットカードは多く持っているが、実際にはそんなに多く使っているわけではないというケースでも、いつでもそれらのカードの限度額まで利用できる余地があるということでもあります。

つまり住宅ローンの審査上では、クレジットカード利用枠の総額=潜在的な負債総額になり得るとみなされてしまうのです。

こうした不利を無くすため、住宅ローンの申込みをする前には使わないクレジットカードをすべて解約しておくことをおすすめします。

ほかのローンやカードを申込まないようにしよう

「住宅を購入することで手元の資金が少々不安になるから、住宅ローンを借りるだけでなく、いざというときにいつでも借りられるカードローンをいくつか申込んでおこう」と考える人もいます。

ですが、これもやってはいけません。

その理由は、短期間で複数のローンやカードを申込む行為が、資金繰りが苦しくなったと見なされてしまう可能性が高いからです。

審査の世界においては「申込みブラック」という言葉があるほどで、申し込み状況は重視されます。

たとえこれまでの返済状況などがきわめて良好であっても、申込みブラックになったことが原因で審査に落とされてしまうというケースは少なくありません。

申込みブラックと判断される基準は金融機関によって差はありますが、おおむね1ヶ月~6ヶ月の期間内に、3件以上のローンやカードを申込むことが危険水域とされています。

住宅購入後の、いざというときの保険代わりとしてカードローンなどを契約しておきたい気持ちは分かりますが、こうした申込みブラックのリスクも考慮して、ほかのローンなどの申込みは極力控えるようにしましょう。

年収に対する返済比率も重要ポイント

住宅ローンの審査において、年収に対する返済比率(ローン返済にかかる金額の割合)も非常に重要なポイントとなってきます。

返済比率は「すべてのローンの年間合計返済額÷年収」で算出します。

返済比率がどのくらいまでOKになるかというのは、年収や金融機関の審査基準などによって多少の幅はありますが、基本的には返済比率30%以内に抑えるのが理想です。

そして、この返済比率は契約する住宅ローンだけでなくほかのローンも関わってきます。

契約しているけれど利用していないカードローンなどがあれば事前に解約しておきましょう。

たとえ利用していなくてもカードローン契約を持っているというだけで、そのカードローンの限度額まで借りた状況を想定した上での返済比率が算出されてしまうため、審査上不利になってしまいます。

雇用形態はやはり正社員が一番有利

住宅ローン審査の7つのポイント
雇用形態は正社員・契約社員・派遣社員・アルバイトなどがありますが、住宅ローンの審査において一番有利になる雇用形態は、やはり各種雇用形態の中でももっとも安定感があると判断される正社員です。

また、金融機関の中には「住宅ローンを申込める雇用形態は正社員と契約社員のみ」としているところもあるため、派遣社員は申込みの間口がやや狭くなってしまいます。

さらにアルバイトにいたっては、ほとんどの金融機関の住宅ローンが申込み条件の対象外となっています。

健康状態に問題があると団信に加入できない

多くの住宅ローンは、団体信用生命保険(団信)への加入が必須条件となっていますが、健康状態に問題があるとこの団信に加入できず、それが理由で審査にも通らなくなってしまいます。

団信の加入が認められない可能性が特に高い病気として挙げられるのは、がん・高血圧・糖尿病・肝炎などです。

あと、精神系疾患の病歴がある人も、団信加入は難しいとされています。

フラット35など団信加入が必要ない住宅ローンも存在しますが、「団信に加入できない健康状態」という段階で選択肢がぐっと狭くなってしまうのは事実です。

申込み時年齢と完済時年齢

住宅ローンの申込み時年齢と完済時年齢も、審査に大きく影響するポイントです。

まず、申込み年齢については、あまりに若すぎると勤続年数の短さや収入の不安定さが影響して審査に通りにくくなることがあります。

そして完済時年齢にも要注意です。近年の住宅ローンの多くは「75歳~80歳までに完済すればOK」という制度状況となっています。

しかし、これらの年齢はあくまで「その住宅ローンの制度上における最長の完済年齢」にすぎず、この年齢になるまで返済を引き延ばしましょうと推奨するものではありません。

実際にはこれらの年齢に達するまでに仕事を退職する可能性が高いので、当然、審査する金融機関側もその点を加味した審査をします。

退職金の金額があまり多く見込めなさそうな状況である、定年後の再雇用などが見込めなさそうである、などと判断された場合は、審査が厳しくなる可能性が高いです。

高齢になっても返済を続ける前提で住宅ローンを組むことはあまりおすすめできません。

基本的には、定年となる65歳までに返せる内容で考えていくのが理想です。

申込み時の入力間違い・書き間違いにも要注意

住宅ローンの審査について、年収と勤続年数以外にも特に重要となるポイントを7つ挙げて説明してきました。

ただし、これらのポイントのほかにも、もうひとつ絶対に気を付けなければいけないことがあります。

それは「申込み時の入力や記入は、すべて正確な情報にする」ということです。

これは一見当たり前のことのように思えますが、悪気がなくともうっかり間違えてしまうということは誰にでもありえます。

たとえばネットでの仮審査の段階で、年収や勤続年数について「だいたい年収○○万円ぐらい、勤続年数○年ぐらいだったかな」と、きちんと確認せず適当に入力してしまった場合です。

本審査時に源泉徴収票や健康保険証などをもとに金融機関側がチェックをした際に、「審査申込み時に申告した年収」や「勤続年数」と実際の状況に違いが出る、ということもあります。

そうなると、たとえ本人には悪意がなかったにせよ、『金融機関側からは「虚偽の申告」と見なされ、審査に大きな悪影響を与えてしまうリスク』があります。

特に仮審査申込みはネットなどでも気軽にできるため、その入力も気軽に考えてしまいがちです。

本人からの申告がどれだけ正確で正直なものか、というのは審査上かなり重要なポイントとなります。

そのため、きちんと正確に入力できているか何度も見直しするよう心がけましょう。

まとめ

住宅ローン審査の重要ポイントとしては、年収や勤続年数のほかにも、7つの重要ポイントです。

  • 各種返済・支払いに関する延滞の有無
  • クレジットカード保有枚数
  • ほかのローン・カードなどの最近の申込み
  • 返済比率
  • 雇用形態
  • 健康状態
  • 申込み時年齢と完済時年齢

これらのポイントで改善できそうな部分は今すぐにでも改善を目指していきましょう。

また、意外な落とし穴として、入力や記入時の内容のミスも挙げられます。

特にネットで申込む仮審査は気軽に入力してしまいがちですが、入力内容そのものは重要な項目ばかりです。

住宅ローンの審査に通るためには、正確な内容にする必要があります。

送信前に入力内容に間違いがないかどうかしっかりと見直すようにしましょう。